トップ > 介護関連リフォーム

介護関連リフォーム

要介護者等が自宅に手すりを取付ける等の住宅改修を行う際、介護保険より住宅改修費の9割相当額が償還払いで支給されます。つまり、申請書を提出していったん全額工事代を支払いますが、9割相当額が戻ってくるので、自己負担額は1割になります。
支給限度基準額(20万円)の9割(18万円)が上限となります。

住宅改修の種類

  • 手すりの取付
  • 段差の解消
  • 滑りの防止 及び 移動の円滑化等のための床 又は通路面の材料の変更
  • 引き戸等への扉の取替
  • 洋式便器等への便器の取替
  • その他前各号の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

当社の介護保険適応工事

急で昇り降りのつらい階段に手すりを取付け、土壁をコンパネと化粧版で補強しました。玄関の段差にも同じように手すりを取付けました。

当社の介護保険適応工事

申請の流れ

申請はご本人が書類を作成するか、もしくはケアマネージャーが工事施工業者に申請代行を依頼することも出来ます。

  • 住宅改修についてケアマネージャー等に相談
  • 申請書類または書類の一部の提出・確認
  • 施工→完成
  • 住宅改修費の支給申請・決定

詳しくは厚生労働省のホームページに掲載の概要も合わせてご覧ください。
居宅介護住宅改修・介護予防住宅改修に係る介護保険の給付(外部サイト・PDFが開きます)

↑ページ上部へもどる